スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A応P いったいどうした part7

2015年12月23日(水) 夜の部のライブは
時期的にクリスマスを意識した演出と
メンバーの "生誕祭" を初めて行ったライブだったのだが
面白いことにA応Pは、12~4月までに5人の誕生日があって
(橙さん.黄さんは同じ4月2日)
順次行われていく生誕祭を見送りながら
赤さんの誕生日である7月1日が
とても待ち遠しかったことを思い出す
しかし…その期待とは裏腹に
7月2日に滞りなく行われた生誕祭ライブで
「一番最高の誕生日!!」と発した言葉が
とても白々しくおもえたのは何故だろうか…

赤さん自身何事も真面目に一生懸命取り組む人だから
いつも最前列で熱烈に声援を送ってくれたり
遠征に同行したり、物販を沢山買ってくれたり
そういうファンをとても大切する傾向が
他のメンバーに比べ強いように感じていた
ただし、アイドルという職業柄
その他のファンを蔑ろにするわけにもいかず
誠意を持って対応はしていたが
残念ながらこの誕生祭ライブが近づく頃から
それに限界がきていたようにおもっていた
「お前が嫌われてるだけだろ」
そのご意見は謹んで承るが
そういった対応の結果が、2016年10月9日渋谷WWW
昼ライブ後に行われた特典会で明らかになる

かのメジャーユニットのように
人気投票をしているわけではないので
あくまで印象だけれど
①赤さん.橙さん
②桃さん.青さん
③黄さん.緑さん
という人気だとおもっていたが
その特典会で橙さんに長蛇の列ができた
確かに橙さんをみていると
それを裏付けるだけの対応は個人的にも感じていて
①橙さん ②赤さん ③桃さん.青さん ⑤黄さん ⑥綠さん
という人気が確定した瞬間だったようにおもうし
自身の対応が終わり、橙さんの対応を待つ赤さんの表情に
焦りの色を感じたのは、思い込みすぎだろうか…
さらに…

赤さんに何らかの変化が起こっていることを感じられる
出来事のひとつにブログの更新がある
これは履歴を辿りさえすれば
確認できる象徴的な変化といえるが
2016年7月以降、更新の頻度が若干落ちている
同じく良く活用していたTwitterのツイートにも
変化を感じていて、例えば新曲CDリリースイベント後
お礼ツイートの発信が妙に遅かったり
引用リツイートや "いいね" が以前に増して
特定のファンに限られるようになったり…
そしてその時、ふとおもったのは
親元を離れたのではないかということ

推しじゃなくても知られていることだけど
赤さん自身は "いなか" と表現していたが
都心から離れた最寄り駅からも遠い所にご家族と住んでいて
それ故他のメンバーに比べ1~2時間早く
行動を起こさなければならいことに
いつもたいへんだなぁと頭が下がるおもいだったが
その反面、移動中にブログやツイートを書いていたけれど
それができない環境になったというのが理由なのだが
「新しいベッドを買った」「他人が見たら笑われるくらい
買い物した荷物を抱えて歩いていた」
「夜中だけれど掃除がしたい」(引っ越し荷物を片付けたい…?)
といったそれを匂わせる発言の他に
それまで興味を示さなかった料理について
「朝ご飯何をつくろうかな」など調理をしている様子とか
PCをWindowsからMacに乗り換えて苦労したとか
環境変化の発言は上げれば切りがない
そして活動休止が近くなると、母親と頻繁に会っている
様子がうかがえ、姉や家族への想いを語るようになる

もちろん "親元を離れる" というのは想像でしかないが
妙に合点がいく発言や行動、その環境変化は何を求め
何をもたらし何を失っていったかを考えると
突然の活動休止という、ファンにとっての迷宮は
ほんの少しではあるけれど、糸口が見えたと
いえなくはないだろうか…

赤さんが体調不良を理由に活動休止を発表して3ヶ月
いまだ状況報告は一切ない…


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。